ペット火葬で正しくお別れを

ペット火葬の費用を抑えるために土葬はOKか?

ペット火葬の費用を抑えるために土葬はOKか? 自宅で飼っていたペットが亡くなった時、自治体によっては手頃な価格で火葬をお願いできることもあります。
しかし、飼い主の人が住んでいる自治体にはペット火葬を行っていないとなると、近隣の自治体のシステムを利用したくてもその自治体に住んでいることを条件とされて断られてしまうのが一般的です。
今日では、たくさんのペット火葬業者があるので頼むことができますが、費用の面で考えるととても高額になってしまいます。
ペットの種類や体重によって値段が設定されているので、大型犬となるとさらに高額となってしまいます。
ペット火葬費用を抑えるためには、火葬を行わずに土葬をするという方法もありますが、土葬をするのであれば自宅の庭に限定をされてしまいます。
ペットとよく散歩に行っていた思い出の公園や河川敷に埋めてあげたいと思っても、公共の場所に埋めることは違法となってしまいます。
土葬をするなら、賃貸ではなく購入した自分の家の庭であれば問題がありません。

最近はペット火葬が主流

最近はペット火葬が主流 自宅で飼っていたペットが亡くなったという場合、生前は庭で飼っていたから庭に埋葬してあげたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
自分の家の敷地内であれば、庭に埋葬することは違法にはなりません。
ただし、埋葬の際にはそのまま土葬にするのか、それともペット火葬をしてもらってから埋葬するのかという二つの選択肢があります。
土葬にしても、死臭などで近隣の住人に害を与えることがなければ問題はないのですが、今日ではペット火葬を行うのが主流となっています。
自治体によっては、手頃な価格で火葬を利用することができるのですが、合同火葬となって遺骨は返してもらえないことも多いものです。
しかし、近年ではたくさんのペット葬儀会社があり、火葬だけでも行ってもらうことができます。
ペットの大きさによって値段が決まり、火葬後には家族でお骨あげをして骨壺に入れることができるなど、人間と同じようなシステムのサービスが提供されています。