ペット火葬で正しくお別れを

ペット火葬の料金と喪服の有無について

ペット火葬の料金と喪服の有無について ペット火葬の料金はペットの葬儀社によってまちまちですが、主に、ペットの種類や大きさによって違ってきます。
例えば、ハムスターやフェレット、小鳥や魚などの小動物の場合、火葬の際の場所をあまりとりませんし、他のペットたちと一緒にペット火葬できますので、比較的安価で済みます。
ですが、大型犬や超大型犬、やぎや羊、アルパカや馬など大型のペットの場合は火葬の際の場所が大きくとられますので、多少高価になる事があります。
また、喪服の有無ですが、これもペット葬儀社の方針もあるでしょう。
どのペットとの別れもペットの種類や大きさ関係なく悲しみは同じく深いものですが、飼い主さんの気持ちで決めて良いものでしょう。
お通夜や告別式などを行う場合ははやり喪服を着るのが礼儀ですし、弔問する方も喪主の意志に従って喪服を着るべきです。
ご家族のみでの御式、火葬を行う時はご家族で話し合って、地味な服装にしようなどと決めてペットを送り出してあげると良いでしょう。

ペット火葬時に喪服を着る義務は無い

ペット火葬時に喪服を着る義務は無い ペットは家族の一員になっていますから、ペットが亡くなったら人間と同じように葬儀を行う人が増えています。
葬儀を行うことによって、ペットが安らかに眠ることを祈ることができますし、悲しい別れの気持ちに一区切りつけることができます。
ペットの葬儀はペットが生前に大好きだったおもちゃやペットフードを入れて最後のお別れをした後は、ペット火葬をすることになります。
集団で一緒に火葬することもできますし、別料金がかかりますが、個別でペット火葬をしてもらうことができます。
個別でペット火葬をしてもらう場合は、遺骨を手元に残すことができます。
火葬をしたり、葬儀を行うときは、喪服を着る義務はありません。
ただペットといえど、葬儀や火葬をする場ではあまり派手な色の洋服を着用せずに、喪に服していることを示すような洋服を選んだほうが良いといえます。
特に形式にこだわることなく、ペットとの別れを第一に考えるようにすればよいでしょう。