ペット火葬で正しくお別れを

ペット火葬と霊園について

ペット火葬と霊園について 自治体によっては、ペットが死んだときの火葬は手頃な価格で引き受けてくれることもありますが、自分が住んでいる自治体にはそのようなサービスがないとなると、一般のペット葬儀業者を利用することになります。
また、自治体での火葬となると、合同火葬となるので遺骨は個別に返してもらえないというのが一般的です。
つまり、ペットのお墓を用意したいという場合にも、自治体のペット火葬は向いていないことになります。
ペット葬儀業者では、ペット火葬から葬儀、霊園の準備まで行っており、部分的な利用も可能となっています。
手厚く供養をしたいというのであれば、自宅まで来てもらって納棺式を行うことから始まります。
その後は、火葬場までの送迎をしてもらい、火葬でのお骨あげ、葬儀で僧侶による読経をしてもらう、お墓への埋葬まで手配してもらうことができます。
埋葬では、人間と同じように霊園に墓石をたてるという方法もありますが、建物の中の納骨堂タイプも人気があります。

ペット火葬から埋葬までのプロセス

ペット火葬から埋葬までのプロセス 大切なペットが死んでしまったら、どうしたらいいのか、途方に暮れてしまう飼い主もいることでしょう。
庭がある家庭なら、庭先に埋葬するという方法も自然のことなのかもしれません。
しかし、最近では、マンションなどに住んでペットを飼う人も多いですし、なかなかそのような方法がむつかしい場合も少なくありません。
その場合、ペット火葬というものが現在では主流になりつつあります。インターネットの普及に伴って、ホームページなどで簡単に情報を検索することも可能ですし、動物病院に通っていたような場合には、そこからペット火葬の業者を紹介してもらうことも可能でしょう。
自分で探す場合には、急ぎの場合もあるでしょうから、電話で連絡することが多いともいえます。
その場合、まず、いつ火葬できるのかを確認することになります。
個別での火葬を希望する場合には、予約が必要だったり、予約がすぐに取れないような場合もあるので、火葬から埋葬までのプロセスには注意が必要です。