ペット火葬で祭壇は用意するの?

ペット火葬で祭壇は用意するの?

ペット火葬で祭壇は用意するの? 大切なペットが亡くなるととても辛いものですが、最後のお別れは安らかに眠れるように執り行うのが買主に残された役目と言えます。
ペット火葬には、人間の場合と違ってこれといった形式はありません。お通夜や葬儀、ペット火葬などをする際は、買主が納得して満足できるようにお別れをすることが大切です。
ペット火葬の場合は、祭壇を用意することは可能です。ペット葬儀を扱う業者に依頼すると箱や写真立て、ロウソクやお線香などを用意してくれるところもありますが、自分で準備してもかまいません。事前にペットのお気に入りのショットの写真を用意しておくと、火葬の前のお別れのお焼香などの時に飾って置くこともできます。
棺には、ペットが生前に愛用していたおもちゃや好きな食べ物などを入れてあげましょう。祭壇には写真を準備して、ロウソクや線香を焚きます。お水や食べ物、お花を供えます。食べ物は、ペットが好きだったものを袋や缶などの容器から取り出して供えると良いでしょう。

ペット火葬のときの遺影の写真について

ペット火葬のときの遺影の写真について ペット火葬では、人間の火葬の儀式と同じような形で行うことができるケースもあります。つまり、ペットの遺影も用意することができるのです。
遺影は、まだ元気だったころの写真を活かして利用することもできますが、カメラ目線で撮れたいい写真が一枚もなくて困ってしまうこともあるものです。しかし、ペット火葬業者では人間の遺影写真のようにペットの写真の加工も施してくれます。人間であれば、親戚で集まった時に撮影した集合写真で洋服を着ている写真でも、着物を着ているかのように加工してもらうことができますが、ペットも好きな衣装を着せてあげたり顔の加工も施してもらえます。写真の加工後には額縁に入れて納品してもらうことができます。飼い主さんにとっては、ペットが死んで悲しみの中でお別れのために必要なものをあれこれ準備するにも気持ちの整理がつかずに進まないこともありますが、全て用意してくれて当日を迎えることができるので役立ちます。