ペット火葬はどんな種類がある?

ペット火葬はどんな種類がある?

ペット火葬はどんな種類がある? ペットが亡くなった時昔は土に埋めるのが一般的でしたが、最近では人と同じように火葬場で焼いてもらう場合が増えてきています。このようなペット火葬にはさまざまな種類が存在します。
まず、一番一般的なのが立会個別火葬です。これは火葬場で火葬している間、飼い主が立ち会う方法です。人と同じような方法で火葬されるのでお葬式を経験したことがある人は想像しやすいと思います。お骨を自分の家で保管したいという場合はこちらがおすすめです。次に、一任個別火葬です。こちらはお別れだけ飼い主さんにしてもらって、あとの火葬はすべてスタッフにお任せする方法です。ペットが焼かれていく様子を見るのはつらい、そんな方におすすめの方法です。
最後は、一任合同火葬です。こちらは先程の一任個別火葬と似ています。唯一違うのは火葬を行うときに合同火葬で行うというところです。他の方のペットと同時に火葬するため、一任個別火葬よりも安くなるところが大きな特徴です。このように、ペット火葬と言っても色々あります。

ペット火葬の個別葬と合同葬の違い

ペット火葬の個別葬と合同葬の違い 長年家族として暮らしてきた最愛のペットは、人間よりも寿命が短く飼い主としては必ず最期の時に立ち会わなければいけません。亡くなったペットに一緒に過ごしてくれた感謝の意味を込めて手厚くペット火葬を行うことになりますが、ペット火葬には個別葬と合同葬の2種類があります。
個別葬だと自宅にまで火葬を行なえる車でスタッフが自宅まで赴き、飼い主が見守る中ご自身のペットを1匹だけ火葬を行なってくれます。火葬後は遺骨を拾い、手厚く葬ることができますが火葬費用が若干お高くなります。
合同葬はペットの遺体だけをスタッフが引き取りに来てくれて、あとは決まった日時に他の火葬を待っている複数のペット達と一緒に火葬が行なわれます。費用はお安く済みますがご自身のペットの遺骨を受け取ることは出来ません。ペットのお墓も建てることを希望される場合は、必ず遺骨を受け取ることが可能な個別葬を選択すれば納骨を行うのがスムーズになります。